AIR-G'朝クラ!presents 「大平まゆみのFrom my heart」

AIR-G’エフエム北海道

北海道のFMラジオ局、 AIR-G’エフエム北海道 にて毎週 日曜日 午前5時から放送中の「朝クラ」のスピンオフ番組。 ALS患者、元・札響のコンサートマスター「大平まゆみさん」の音声メッセージを伝えるチャンネル。 ボイスターの「音声&過去」の音源でお送りします。 大平さんへの感想、応援メッセージはコチラから→ 「asakura@air-g.co.jp」 read less
MúsicasMúsicas
vol27_大平まゆみ  近況報告(入院ー手術ー退院)◇分身ロボットOriHimeについて
18-03-2023
vol27_大平まゆみ 近況報告(入院ー手術ー退院)◇分身ロボットOriHimeについて
皆様、おはようございます。大平まゆみです。 ヴァイオリニスト大平まゆみ(元・札響コンサートマスター)さんの「サウンドエッセイ」です。AIR-G'(FM北海道)ラジオ番組「朝クラ!」で放送されたメッセージのアーカイブです。 番組Web→ https://www.air-g.co.jp/asakura/29844/ 《大平まゆみさんからのメッセージ要点》 すっかりご無沙汰をしてしまいました。 実は、声門閉鎖術という手術を受けていました。気管切開以来、2年ぶりの入院です。病院では以前お世話になった先生、看護師さんがたもいらして、毎日が温かく過ぎていきました。 勿論、手術からの回復は楽ではありませんでしたが・・・。 ここで、時代の進歩に逆らって生きてきた、珍しい人をご紹介したいと思います。 それは、私の母です。95歳の母は、昨年までずっと、ダイアル式の黒い電話機を使っていました。私も大好きでした。ダイアルが戻ってくるまでの時間が楽しかったです。 妹家族と同居した母は、現在携帯電話に変わってしまいましたが、きっと少し寂しいでしょうね。 実は私も携帯電話、スマートフォンに、抵抗がないわけではありません。そんなマニュアル派の私でさえ、今は最先端の技術を毎日駆使しています。 ボイスターという声の再生装置と、視線入力による意思伝達装置です。この信じられないような技術のおかげで、このように、自分の声で表現する機会を与えていただいています。すごいことです。 私に、もっと想像もできない、すばらしい取り組みを紹介してくださった人がいます。それは、分身ロボットカフェ、と言います。 外出困難者である従業員が、遠隔操作でサービスを提供する、という新しいスタイルのカフェだそうです。オリヒメという、宇宙人のようなロボットが活躍します。 病室にいながら外の世界で仕事ができる。すばらしい、の一言につきます。 たくさんの方たちが、生きる希望を感じられるに違いありません。 将来的には、自分の介護は自分でする時代がくるかもしれない、とのことです。 そうなったら、どんなにすばらしいでしょうか。もしここにオリヒメがいたら‥‥‥ いつも心に音楽を。大平まゆみでした。
Vol-25 国際紛争とスポーツと音楽と 〜AIR-G'朝クラ!presents「大平まゆみFrom My Heart」
24-12-2022
Vol-25 国際紛争とスポーツと音楽と 〜AIR-G'朝クラ!presents「大平まゆみFrom My Heart」
◆今回のエピソードは・・・ 私は、テレビでニュースを見るたびに、ウクライナではまだまだ戦争が続いていることに、どうしようもない怒りと、深い悲しみを感じています。 この地球上に、異なった人種、異なった宗教がある限り、争いは絶えないのかもしれません。大昔からその繰り返しですね。 スポーツを通して、人間同士がお互いに讃えあえる日が、いつか訪れるといいですね。 今回のサッカーW杯、アメリカとイランのチームのように。 そしてそれは、音楽を通しても、できるのではないでしょうか。 一世を風靡した、あの素晴らしいピアニスト、ホロウ"ィッツは、ウクライナ出身だったそうです。ご存知でしたか? リヒテルも、オイストラナフ、ミルスタイン、コーガン、アイザック スターンまで、ウクライナ出身だというから、驚きです。音楽の力を信じています。 ●このコンテンツについて 北海道のFMラジオ局、 AIR-G’エフエム北海道 にて毎週 日曜日 午前5時から放送中の「朝クラ」のスピンオフ番組。 ALS患者、元・札響のコンサートマスター「大平まゆみさん」の音声メッセージを伝えるチャンネル。 ボイスターの「音声&過去」の音源でお送りします。 大平さんへの感想、応援メッセージはコチラから→ 「asakura@air-g.co.jp」