NeuroRadio

NeuroRadio

米国シアトル・ボストン在住の神経科学者2人によるポッドキャスト。 最新の研究論文紹介や基礎科学・医学研究に関する(あるいは全く関係しない)雑談、留学情報など。 感想やコメント、質問などはtwitterハッシュタグ #NeuroRadio あるいはinfoあっとneuroradio.tokyoまで。 read less
CiênciaCiência
Ciências biológicasCiências biológicas

Episódios

#73 The yellow light for RdLight
26-03-2024
#73 The yellow light for RdLight
健康診断、3年めのタックスリターン、グリーンカード取得、万年筆と競技ペン回しについて雑談。文献紹介は、RNAで認識部位をプログラム可能なリコンビナーゼ、プローブのPhotoswitchingによるアーティファクト、軸索ミトコンドリアはATPを消費する、のプレプリント (3/10収録) Show Notes (番組HP): たち:白子 (英語メニューだとSoft Roeって書いてあってFish Spermじゃないんだな、と思うなど)コメント募集!のGoogle FormQuerie.me3年めのJ1ポスドクのタックスリターンIRSのExemption 記述その1 vs  記述その2SPRINTAX ReturnsとCalculus税金計算ソフトのチャットボット間違えまくり、の記事7000ドル追加徴税の回日米租税条約第20条廃止について:1,2年めも米国源泉所得がある場合は徴税対象っぽい?JHUがまとめたフェローシップリストNIHグラントのEligibilityUSCIS: 米国市民権・移民業務局のことJetstreamの芯が国際規格に 6年前でした宮脇が使っているLAMY の万年筆Faber‐CastellのE-Motion all black萩原さんが想定していたLAMYの万年筆 (サファリ)ゲルト・ミュラーがデザインしたBraun sixtant SM 31とLAMY 2000ペン回しの技一覧さらさら系のJetstream対抗馬はゼブラのサラサでした。ぺんてるのシャープレット クリップを取り外せるのはシャープレット"2"でした。 文献紹介パート 一報目:Bridge RNAs direct modular and programmable recombination of target and donor DNAArc InstitutePatrick HsuSilvana Konermann西増先生マイクロスケール熱泳動Evo二報目:Comment on ‘Accumbens cholinergic interneurons dynamically promote dopamine release and enable motivation’Nicolas TritschMohebi et al のAccumbens cholinergic interneurons dynamically promote dopamine release and enable motivationFrenemyBernardo Sabatini とTritschのb2b natureDana et al.,のjRCaMP1a, bとjRGECO1a Fig2-Supple3,4がPhoto-switchingのFigErratum (出版社側のミスの訂正)というよりはCorrigendum(著者側のミスの訂正)でしたSchultzのRPEメンデル捏造?に関する議論のまとめ赤色dLightMohebi & Berke のNature論文Azcorra et al., Awatramani と Dombeckの論文内田さんの論文最近Stephan Lammelが出したNature Neuroの論文一人で訂正これでこれを訂正したと思っていましたが、自己訂正というよりかは、StuberとDAT-Cre vs Th-Cre でやり合っていた感じでしたVoltage IndicatorのPhotoswitchIRを一緒に当てると褪色が遅くなるKaedeCAMPARIX-CAMP RRCaMP3 Nature Methodsに掲載 (3/21)初代mScarletKaesarのドパミン軸索でのaction potential initiation by Cholinergic inputStephanie Cragg三報目:Most axonal mitochondria in cortical pyramidal neurons lack mitochondrial DNA and consume ATP平林先生Bio-stationさんのポッドキャストFranck Polleuxラボ田尾さんのミトコンドリア局在と軸索分岐の論文もう一報出てたやつ:Polleuxラボからでした本来のScanning Ion Conductance MicroscopySypHeriATPSnFR Editorial Notes: ボストン唯一の万年筆専門店がつい最近閉業したらしい。惜しい (脇)引越し全部自分でやったので結構大変でしたが無事終わりました。まだ新居全然片付いてないですが、広くなって嬉しいです。万年筆を眼球に..はジョジョ3部ですが誰にも伝わってなさそう(萩)
#72 Collaborative professionalism in neuroscience
20-02-2024
#72 Collaborative professionalism in neuroscience
北京脳科学研究所の大久保達夫さんゲスト回。工学部からシステム神経科学に進んだきっかけ、FeeラボPhD時代、WilsonラボPD時代、現在のデータ解析を中心とした働き方の狙い、専門の分業に関するディスカッション、等 (12/30 収録) Show Notes (完全版): 大久保さん個人HP吉良さん@Chris Harvey Lab計数工学科Michael Fee labFeeラボでのNature論文の日本語版解説FeeラボでのNeuron論文の日本語版解説Rachel Wilson labNeuron論文Pattern RecognitionとMachine Learning (PRML)パターン認識の教科書の表紙Parallel Distributed Processing (PDP): 並列分散処理で認知機能を説明しようとする1980年代に流行ったUCSDを中心とする認知科学のグループ。Paul Churchland の本The Engine of Reason, the Seat of the SoulPatricia ChurchlandMark ChurchlandAnne ChurchlandTerrence SejnowskiThe Computational BrainDmitriy AronovのScience論文(HVC破壊してもSubsongは残る)COSYNETemperatureのやつ鳥の歌生成に関わる脳領域、RA、HVC、LMAN の関連などJesse GoldbergのDopamineがPerformance errorをコードしている論文親の歌を聴かせなかった時のHVCのシーケンス活動Galen達がミニスコープを作ってカルシウムイメージングを始めるGenetic Dissectionのレビュー論文 2008Andreas Luthiと David Anderson のb2b 2010ハエはニューロンが個体を越えてIdentifiable: 仕事としては逃避を司るgiant fiber interneuronというのが古くから知られていて一番有名ですが、このニューロンは巨大なので例外で、ほとんどのタイプはsplit-Gal4のラインが整備されて以降(ここ10年)解析できるようなってきました。以下の仕事が代表的な例として挙げられます。 麻生さんのキノコ体の神経解剖、光遺伝学の仕事並木さんの下降性ニューロンの仕事 実際split-Gal4作りがうまくいくと(2つのGal4ラインのうまい組み合わせが見つかると)、麻生さんの論文のFig. 2のように左右に一つずつあるニューロンが綺麗に取れてきます。一旦split-Gal4ラインができてしまえば、GFPを発現させてパッチしたり、オプトで活動を操作したりと、単一ニューロンレベルで解析できるのが良いところです。もちろん一つのセルタイプに複数のニューロンがあることもあるので、その場合は同じセルタイプ内では区別はできませんが(大久保)ちなみにこのビデオがhemibrainというEMのデータから再構築されたニューロンのギャラリーで、一個のcell typeに名前がついていて、ユニークな形をしているのが分かりやすいと思います。このユニークな形のおかげで、EMのデータとsplit-Gal4を作る際に撮った光学顕微鏡のデータのマッチングは非常にうまくいっていて、同じニューロンを両方のデータで見つけられます(大久保)髭さんのキノコ体の電気生理の仕事並木さんの下降性ニューロンの仕事ハエのConnectome論文 Central Brain Whole Brain大学院生がやった行動実験の仕事(嗅覚と風を検知する機械受容覚にコンフリクトがあった場合、機械受容覚に従う)Vivek Jarayamanの仕事ハエDual Patch, 隣の大学院生がやった運動に関するニューロンのdual patchの仕事ハエのTriple Patch: このWilson研の大学院生の仕事のFig. 4ではシナプス結合している3つのニューロンからのin vivo同時記録という超絶技巧あり!Janeliaがハエのラインをリリースした(Split-Gal4)風間さんWade RegehrBernardo SabatiniChris HarveyMichael Greenberg北京脳科学研究所の組織図メンフクロウの音源定位のレビュー この頃のScientific Americanは分野の第一人者が平易な文と分かりやすい図でレビューを書いており、素晴らしいです。鳥と哺乳類で音源定位の神経回路は似ているか?小西正一先生のobituaryMatt WilsonJosh (Siegle)CIBRでのPI公募The Transmitterの神経科学における専業に関するオピニオン記事Jakob VoigtsOpen EphysDeepLabCut (DLC)Advanced Technology TeamImage Analysis Collaboratory @ HMSInstitutional KnowledgeInstrumentation Core @ HMS北京脳科学研究所のInstrumentation CoreAquiNeuroCyril HerryFixstarsOpenScopeJérôme LecoqMark Schinitzer異なる個体においてもニューロンの集団活動のダイナミクスが似ているSegment Anything (Zero-shotで画像のセグメンテーションを行うモデルの例)DeeperCut Editorial Notes この度は貴重な機会を頂き、有難うございました!過去のNeuroRadioのゲストの方の中には一緒に語り合った仲間も多く、こういった形で近況アップデートできて良かったです。自分は、様々なタイプの科学者のちょっとした出来事に垣間見られる「現場でのプロフェッショナリズム」に大きく影響を受けてきました。そういった学会発表や論文からはなかなか見ることのできない科学者の人物像に関するエピソードを盛り込むようにしましたが、少しでも雰囲気が伝われば幸いです。後半の神経科学におけるコラボレーションの議論では、Allen InstituteやWyss Instituteでの様子も聞けて、色々と参考になりました。 (大久保)自分もなるべく生データに近い所で働きたいです。新しい研究所で新しいキャリアの在り方を作るのは大変そうですがハマれば理想的ですね (宮脇)生理実験がまあまあ得意、というのに要所要所で支えられてきましたが、実験はできるだけ早く引退したい…(とはいえ解析だけで生きていけるほど解析能力が高くないのであった) (萩原)
#71 My Favorite Things 2023
18-01-2024
#71 My Favorite Things 2023
新年のんびり雑談回。去年の振り返りと今年の抱負、おたより回は実現可能なのか。後半は2023年お気に入りアルバム10選、お気に入りYouTubeチャンネル5選。(1/11収録) Show Notes (番組HP): 震災関連の寄付窓口まとめ最近のエピソード〇〇を救いたいNeuroRadioへのお便りフォームQuerie Tips研エンさんの、おたよりフォームOverleafDiscoverabilityとEnforceabilityについて言及した記事Science Advancesにのったやつについて扱ったNeuroRadio回ニコラス就職K99/R00去年の年始回 2023年宮脇お気に入りアルバム 10選 Favorite Album 2023まとめツイートSufjan StevensのJavelinIllinois Apple Music SpotifyCall Me By Your Nameで使われてた歌ギランバレーになった10: Deena Abdelwahed - Flagranti (EP)FlirtHeba KadryYMOのAbsolute Ego DanceJbal Rrsas 9: Ricardo Dias Gomes - Muito SolMenosJoao GilbertoStan GetzNara Leao 8: Laurel Halo – Atlas Apple Music SpotifyLate Night DriveHyperdubLucy RailtonJames UnderwoodRyoji IkedaAlva Noto 7: Headache - The Head Hurts but the Heart Knows the TruthBucket ListenerVegynFrank OceanのBlondeBlonded RadioPLZ Make It Ruins 6: Model/Actriz – DogsbodyAmaranthSteve AlbiniのBig BlackRapemanShellacArca 5: Sanam - Aykathani MalakonBellCANFaust 4: Ali Sethi & Nicolas Jaar – IntihaMuddatNicolas JaarのTelas Apple Music SpotifyZiggy Stardust Apple Music Spotify 3: Goat - Joy in Fearプロモ映像Kraftwerk Man-Machine Apple Music SpotifyWeired Fishes / ArpeggiboomkatKakuhanのMetal Zone Apple Music Spotify 2: Titanic – VidrioAnonimaMabe Frattiの作品ラジオのようにLife Without Buildings 1: Bendick Giske – Bendick Giske AppleMusic SpotifyRushBeatrice DillonSteve ReichのIt’s gonna RainPharaoh SandersAlbert Aylerその後につづいたシングル 曲も良いですが “See on both sides like Chanel” が秀逸すぎてハマりましたDissect podcastのBlondeに関するシリーズ 2023年萩原おすすめYouTube 5選 1: パワーチューブ おすすめ動画: 2023年最新!ベンチプレスの【基本】はこれで分かる!日本王者解説!牛山選手SBDが主宰するシェフィールド 2: Jeff Nipperdおすすめ動画:How To Train Like A Minimalist (More Gains In Less Time)BroscienceProgressive Overload今古賀翔走ることについて語るときに僕の語ること 3: 散財小説ドリキンおすすめ動画:「本日最終日!ゼンハイザー e935 vs e945 vs Shure MV7 仁義なきサイドバイサイド比較」第2086話おしりが洗えるシャワーを取り上げたNR回U87Ai, SM7B, Beta58A, EarPodsRebuild.fmどりきんさん回まとめ 4: ReHacQ−リハック−おすすめ動画:【最先端!快眠の科学】Google賞金4.5億!天才睡眠学者が登場【常識覆す研究】日経テレ東大学菅前総理回国民民主党の党首回新NISA回山崎元氏による新NISA解説 5: 小倉知巳のイタリアンプロ養成講座おすすめ動画:ミシュラン1つ星イタリアン店の「スパゲティ・カルボナーラ」【#イタリアンプロ養成講座 vol.8】Regalo落合務のパーフェクトレシピ戸羽シェフのチャンネルに首つっこんだ回ステッカー試作品 Editorial Notes: 今回からマイクがYetiからSM7Bになりました (脇)2024年はとりあえずZAZEN BOYSの12年ぶりの新譜を座禅して待機しています。そういえば向井秀徳がスティーブ・アルビニみたいな音像にしたくてデイブ・フリッドマンをエンジニアにしたとか言ってた (萩)
#70 Transmission
19-12-2023
#70 Transmission
有識者会議、Seattle Hub for SynBio、マイク談義、理論系とのコラボについて雑談。論文紹介は、性周期に依存した報酬予測誤差シグナルの違い、Cas9 RNPそのものを細胞内に導入する手法、マウス用VRゴーグル、細胞種特異的なmiRNAをbulkのRNA seqで読む手法、ヒトからラットへの恐怖伝達、など (12/10 収録) Show Notes (番組HP): 雑談パート グローバル・スタートアップ・キャンパス構想に関する有識者会議齋藤さんNR回 1 2使った発表資料(pdf)Nature Biotech のChurchラボに関する記事 (pdf)ヴィースのHow We Workヴィースのしくみに関する記事Business Development人材のリストAllen +UW+CZIのSeattle Hub for Synthetic BiologyJay ShendureDavid BakerRui Costa浜崎さん林さん浜崎さんの歴史的な仕事コンデンサマイク vs ダイナミックマイクBlue YetiBrooks Brothers破産今年のBlack Fridayはそんなに良くない?:10月からの割引が結構あったという話らしい?Shure MV7Shure SM58Shure Beta 87Aイアンの回昔の北沢さん回MOTU M2Shure SM7B(Geforce RTX) 3090Neumann U87 AiU47 Frank OceanがBlondeのレコーディングで使用Jeremiah CohenUWのEric Shea-Brown豊泉さんStefan MihalasMindScope終了Shaul Druckmann最後の方の稲垣さんの仕事Sandro RomaniM3 Pro Max 論文紹介パート 論文1:Estrogenic control of reward prediction errors and reinforcement learningChristine ConstantinopleラボRandy BrunoラボBrunoラボ時代の仕事Thalamo-cortical Axonのターゲットlayerは皮質によって異なる (モダリティではなく一次/二次感覚野の違いでした 脇)Bruno、ポスドク時代の超絶技巧Larkumラボの上だけ止めるmanipulation:たとえばコレのBaclofen局所投与BrodyラボBrodyの所で出した論文 1 2塩野七生ローマ人の物語コンスタンティノープルの陥落中島さんのCellの仕事さやかさん回 1 2 3 4タスクの詳細が載ったNature Communicationsの仕事Silvia Arberoptogenetic activation assesses what a neuron can do, but not what a neuron does doさやかさんの論文AllenのABC AtlasGPCRのInternalizationによる不活性化DATのアンタゴニストGBR 12909柳下さんの一連の仕事 – Slice: 1; Behavior:2George AugustineErwin Neher細胞内カルシウムのモデリングの仕事論文2:Engineering self-deliverable ribonucleoproteins for genome editing in the brainDoudnaラボSV40 NLSをつけるとそのまま入る、の論文Cell Penetrating Peptide に関するレビュー筆頭著者が同時に出していたLNPによる投与のプレプリントBroadの人達がやっているデリバリー 1 2 3論文3: Full field-of-view virtual reality goggles for miceDaniel DombeckDavid Tank2光子顕微鏡の下でマウスを走らせたNeuron論文 (2007)海馬での応用が2010 NNChris Harveyの仕事Moserとかがオーサーに入ってる、VR使用時の注意点ディスカッションZemax論文4:Mime-seq 2.0: a method to sequence microRNAs from specific mouse cell typesLoisa CochellaMime seqその1 in Nat MethmiRNAによるAstrocyte以外でのTransgene分解glycolRNA Cell 2021Bertozzi筆頭著者のRyan Flynn続報プレプリントBertozziは元々糖鎖合成の化学者でした論文5:Rats respond to aversive emotional arousal of human handlers with the activation of the basolateral and central amygdalaハンドラーの性によって行動が変わる、の論文ラット、かくれんぼするラット、くすぐられて笑うBrechtContributed Submissionがなくなった? ->嘘でした、まだあります。 Editorial Notes: マイク沼、CPU/GPU沼、対物レンズ沼は奥が深そうで怖い (脇)昔はひたすらマーガレットおばさんのシャツとニットを着てましたが、体がデカくなって着れなくなったので全部捨てて、以降ほぼ全部ユニクロ(か山系)です(萩)
#69 PhD programme at the Centre
30-11-2023
#69 PhD programme at the Centre
University College London/Sainsbury Wellcome Centre 博士課程の黒田澄哉さん(@_sumiyakuroda)、中野誠大さん(@_mnakano)がゲスト。UCL/SWCでのPhDコース、Tom (& Tim)  ラボでの仕事の様子、PhDアプリケーション時の話、ロンドン生活について伺いました (11/10収録) Show Notes (番組HP): 中野さん黒田さんOptical BiologyのPhDプログラムSWCのPhDプログラムTom Mrsic-FlogelラボTim Behrensラボ 1 2Lucy (Rotten Tomatoes)黒田さんがラマンをやっていたところUSMLE水島研大木研Elective Clerkship(エレクラ)体験談いろいろMatteo CarandiniKenneth HarrisCortex labIsaac BiancoFlorian EngertAndreas Shaeferクリック研究所のNeuroscienceKing’s College LondonJeffrey ErlichCarlos BrodyAthena AkramiLabVIEWBpod (中身はただのTeensy的なマイコン)PyBpod (全然メンテされてなくて微妙)Bonsai HarpGonçalo GuiomaAllen が引き抜いたBruno Cruzの論文とかIvan VoitovIvana Orsolic et al., 2021 NeuronTeensy (Arduinoの.inoスケッチで動くマイコン。CPUがArduinoに較べて謎に強力)AruduinoMaxime RioIBLIBLのHarpによるBehavior controlChampalimaud (IBLの出資元)SLM (Spatial Light Modulator) 解説Michael HäusserAdam Packer 2015Deisserothが使っているAll Optical Physiology用顕微鏡Thomas AkamMohamadyによるプレプリントTimが最初にやったNose Pokeの仕事Cambridge ProbesGPCRのInhibition PdCO2p SLMでのGtACRを使ったinhibitionは一応あるがまだbiologyには繋がっていない服部さんのpaAIP使った仕事古館さん回 1 2Sonja HoferSWCの顕微鏡チームTroy MargrieRob CampbellBruno Pichlerの会社INSSCOSYSのDaleさんTiago BrancoSWCのウイルスのコアSNTN (Systems and Theoretical Neuroscience) 20/21年版Marcus Stephenson-JonesTom OtisAngus SilverKennethのNeuroinformaticsコースClass PageKen Harris のnonsense correlationイメージングとTranscriptomeの対応Yoh Isogaiラボ (現Allen)Gatsy Computational Neuroscience UnitPeter LathamManeesh SahaniJohn O’KeefeTiago のSynaptic ThresholdGoal/SubgoalSCGeorg KellerKarl Lashley (タスクが難しすぎる&マルチモーダル過ぎたのが敗因と解釈されることが多い)Rainer Friedrich元々DTIをやっていたMark WaltonTolman-Eichenbaum Machineの論文James Whittington金森さん2011年のHo Ko論文Ho Ko labAndy Murray labデスク含め全てが波打っているSpareRoom Editorial Notes: LUCY観た人いたら連絡してください笑(中野)Georg推し人間みたいな感じになってしまいました(黒田)2人とも今すぐポッドキャストのホストできそうな感じで面白かったです(脇)新海は言の葉の庭(を含む)以前派です。黒田さんがPAWorks推しと認識してるのですがShirobakoの話するの忘れました(萩)
#68 Foraging under the Sun
22-11-2023
#68 Foraging under the Sun
UF Scripps服部亮磨さん (@ryhattori,  gmail) がゲスト。PIとしてフロリダで働き始めた様子、OFCメタ強化学習論文の紹介、今後の展開・手術ロボット談義など(11/10 収録) Show Notes (番組HP) 服部ラボHP服部さん過去NR回最近のMetaRL論文DEA:麻薬取締局のこと(Breaking Badのハンクが働いてるところ)服部ラボ求人広告Florida Atlantic UniversityのHonor college(FAUの成績優秀者が通うキャンパス)がUF Scrippsの隣にあるU-HAUL 大手引っ越し業者U-box2P-RAMDiesel2pFirst Author の Che-Hang YuINSSBruno PichlerCOSYSSpencer Smithさん達の会社フロリダの魚数回落ちてる過去出演者SFARIのエリジビリティ小宮山先生最初のCellKen Harrisの nonsense correlationPatchWarp 論文Community Review (今はMulti-Journal Submission)Heliyon 確認したらHeliyonはCommunity Review / Multi-Journal Submissionの対象外でした。 by 服部Cell Reportsシリーズ:一応Cell Reports(生物学的発見)でカバーされない分野の論文のためのジャーナルらしい。Physical ScienceとかSustainabilityとか「細胞」関係ないやんって思いますが by 服部これより前のNeuron論文Matthew Botvinickが提唱したMeta-reinforcement learningUC バークレーのグループによるものA2CJeremiah CohenYasuda先生のラボが開発したpaAIP2サットン本Deisseroth のOFC論文StuberのOFC論文JeremiahのNeuron論文 (Bari et al)JeremiahのbioRxiv論文SfNのDeisserothラボ左右ForagingDavid SussiloD-labのRetrosplenial論文NeuroSarの手術ロボットRWDの手術ロボットMackenzie Mathisフロリダ大学のスパコン  NVIDIA A100 GPUが1,120枚入っているのでAIのトレーニングに便利です by 服部 Editorial Notes: また呼んでいただきありがとうございました。後半のサイエンス部分は近い分野以外の人からしたらワケワカランかもですが、マニア向けということで・・・。ポスドク希望の方はメールでお問い合わせください!(服部)手術ロボットの最適化、ある意味で強化学習の強化学習って感じがします (脇)僕は爬虫類やや苦手です(萩)
#67 You've come a long way
21-10-2023
#67 You've come a long way
Lake Conferenceレポート、DJ Clubなどについて雑談。論文紹介は、intrabodyベースの順行性モノシナプティックトレーサ、CSとUSが離れた味覚嫌悪条件づけの神経基盤、授乳期の骨形成を担うホルモンの発見、ライティング時の注意に関するエッセイ (10/14収録) Show Notes (番組HP): Lake Conferencesトゥーンでの開催ASCONAPico CaroniSilvia ArberRainer Friedrich元ボスゲオルグRui CostaDeepLabCutのMathisBrain Behavior Observatory (BBO)IBLEnhancer-AAV その1 その2 その3千歳さん第一回論文紹介SfNでの発表 トーラスの発達含め他のポスター群も面白そう 脇エントライナルを潰しても場所細胞は残る by ロイトゲブ・ロイトゲブ  ムシモルじゃなくてNMDA lesionでした 萩エントライナルのグリッドの形成が場所細胞の形成より遅いLeutgebのレビューNR(Nucleus Reuniens)からの場所情報コード acuteでのdisruptionはリマッピングにしか影響なさそう 脇Ilana WittenAndreasラボのCTA論文ZimmermanさんScott SternsonYuki OkaZachary Knight一番搾りの写真五十嵐さん吉良さんHide Inagaki氏Rajesh RaoさんPredictive Codingの伝説的なNN論文古館さん回 1 2Arisの論文 2012 Neuronはゲオルグ筆頭のやつでした… 脇DJ Club新築の建物Dissect PodcastIn RainbowsHigh and Dry 実際の歌詞は don't leave me high/dry なのですが、なんか通じましたね笑 -確かに!Don’t let me downのルーフトップコンサート Let it beセッションの収録だがGet backのB面SpotifyでPodcastの中に音楽埋め込みができるSpotifyのドキュメンタリードラマ戦場ポスドク氏回Ofer YizherのTwitterで外人ポスドクがEvacuateしている様子Harvardが声明文出すの遅くて抗議されていた 論文紹介パート 論文1:ATLAS: A rationally designed anterograde transsynaptic tracerDon ArnoldラボAAV1YFV-17DNeuroRadioで扱った回Intrabodyとは10th Fibronection Type 3mRNAディスプレイ(in vitro virus)の根本先生による日本語解説FingR論文使われているAnti-Creの抗体AAV2-rgのトロピズム、これのTable S2論文2:A neural mechanism for learning from delayed postingestive feedbackRichard PalmiterParabrachial CGRP がCTAに効いてるというNeuronの仕事慈恵の渡部さんの仕事Hailan Huの2報 1 2 (と言ってたら10/18に続報がまたNに)リチウムはこれとHailan Huが混乱してた感じが 萩ジョセリンのexcitability-based allocation selection同じ路線の質問応答をマークのポスドクとイラーナがtw上でやってた。cAMPはありそう。萩Mark AndermannMarkAndermannの興味が(Sリバレスとのコラボで)そちらに向いてた遅れて反応するVTA細胞もいるというZachKnightの仕事論文3:Brain-Derived CCN3 Is An Osteoanabolic Hormone That Sustains Bone in Lactating FemalesIngrahamラボAmrosiラボIngrahamラボの前報冬眠っぽい表現型が出るセルタイプ宮道先生のグループによるARC Kiss1の閉経後ダイナミクス苅郷さん論文4:Point of View: Beware ‘persuasive communication devices’ when writing and reading scientific articles日本の時にやってた仕事Orchestrateしてるかは怪しい仕事RabiesのSci Adv論文、supplementary notesNatureのアブストの書き方指南この前の北沢さん回 Editorial Notes: 風邪治りたてで喉がダメでした…すみません。15 Stepって一発録りだったんですね(脇)爆発音ビビりました。銃声より全然デカかった。記念に残してます。(萩)
#66 Timestamping academic life events onto podcast sequels - Part 2
14-10-2023
#66 Timestamping academic life events onto podcast sequels - Part 2
定期ゲスト北沢さん (@kitazawa_taro) のデンマーク・DANDRITE生活1年目の振り返り、ラボ立ち上げ・プロジェクトの経過、Fosの発現メカニズムに関するJC、など (10/1 収録) Show Notes (番組HP): 北沢さんラボ北沢さん過去エピソード 1 2 3神経科学学会2023FMIでの仕事新潟の脳研とのシンポジウムで帰った時の写真DANDRITE竹内さん米原さん三國さん佐藤大祐さん蚊のラボ(熱帯医学講座)Sadegh Nabavi最近のスイスの滞在許可の言語要件北沢ラボ研究テーマ:vivoのmemory formationを最新ゲノミクスで+ゲノミクスの最新技術を作ろうスナップショットを越えようとする例。その1 その2 その3 その4Erin SchumanChao SunChao Sun 論文、シナプスシングルタンパク質イメージングBrain Prize 2023Michael GreenbergErin Schumanの歴史 Npas4は両方やってそう これですか?Arcもやってそう: vivoではArcは一度上がったらずっと上がっているかもBito先生あたりで一度言われていたThomas KimSeth BlackshawSageghが出してたFrontierMolecular BrainBioRxivに出ている OptoでLTPのnature Fens-Kavli scholarsFKNEのコミュニティサービス業務の一つ:PhD awardにギリで落とされた萩原Denis JabaudonJohannes GaeffGuillermina López-BenditoFlavio DonatoTomas Ryan収録後に実際にボルドーのFens-Kavliカンファに参加して、Keynoteで来ていたSheena Josselynともちょっと仲良くなりました!FENS (Federation of European Neuroscience Societies)  ボルドーニューロキャンパスボルドーの高橋さんJulienJulienの2022ScienceCyril HerryFilippo RijliNikolas KaralisParisBrainInstituteオーサーシップの複雑なScienceAdvances論文Breathingの仕事 ジャーナルクラブ: Neuronal FOS reports synchronized activity of presynaptic neurons 前回のJCで読んだGreenberg Harveryの仕事のNR回Thomas OertnerDRGをモデルにつかった古典の例 あと、これとか2013年の最初のTRAP論文カルシウムから転写までのシグナルに触れたレビュー。その1 その2TTX存在下でのHigh Kによる転写制御のGreenbergランドマーク的論文 その1 その2 収録中Fig4でのロジックをどうしても解読できてなかったのですが、収録後になんとなくわかりました。活動・カルシムの下流のシグナルを阻害してもFosが変化しないので活動が自律的にFosを誘導していないという風な文脈なんですね。ただ、阻害されたシグナルが活動特異的なものでは特になく、しかも活動の下流を全部つぶしたわけではない(CamKとか)ので、データだけフラットにみると有名なシグナルをcherry pickにいくつか阻害したけど結論が出ませんでした的な感じの印象が強くなってしまいました。活動だけで特異的に駆動されるシグナル (のモジュール) とかがあると助かるんですけどね。。。 (北沢)Gi-DREADDの作用機序は結構複雑:Rothのこのreviewがわかりやすくまとまってるリリースを阻害するテタヌストキシン軽鎖 (TeNT Light Chain)Francesco FerragutiFred Gageのところで作られたDGとCA1をFACSで分けるプロトコルKaz Tanaka / Tom McHughの仕事が引かれていないDavidのGeorgの海馬の方 (4年くらいbRに放置)DavidとGeorgのV1の方 (reviewを経て謎の新興ジャーナルに)北沢さんらがミスったbioRxivの引用 (3人目以降のオーサーが落ちるのが共通?)Bito先生がDeisserothと昔やった仕事Richard TsienCREB周りは、0.1Hzでのリン酸化CREBの免染をしてくれるだけでだいぶ理解が深まるのになーということをコメントしようと思っていて忘れていました。MAPKやCamKシグナルに関しても同様なのですが。北沢CREB屋さん、Josselyn Editorial Notes: 文献検討を加えたことでだいぶ中身ができましたねー。Fens-Kavliネットのハイライトはシーナジョセリンとの初邂逅でしたが、実は彼女は僕がDANDRITEポジションに応募した時のプロポーザルを外部レビューしていて、僕の方向性はしっかり把握していたことが発覚。ERCのプロポーザルはヨハネスグラフに回っていたし、基本的に情報は漏れまくる覚悟が必要ですね!(北沢)BTSPの刺激プロトコルより長いタイムスケールの人工的な刺激でこういうことが起こるの面白いですね。ところでSanta CruzポリクローナルのFos抗体って一回ディスコンになったはずですけど復活したんですかね…?Fig. 5,6 でSynaptic Systemsの異なるFos抗体2種類を使ってるのも若干気になります (脇)北沢娘から2人称「あなた!」で呼ばれてたのを思い出して懐かしい気持ちに。多分”You”の直訳なんだと思う。Fosの抗体に関してはディスコン直前に買い込んでたらしい。で、使い切ってSySyのrat?に切り替えたとの談。僕は253に切り替えたけどそちらもディスコンだろうか...(萩)
#65 Dual-career PIs in St. Louis
28-09-2023
#65 Dual-career PIs in St. Louis
Washington University in St. Louis でそれぞれ独立PIになる井上昌俊さん(@feynman1104)と井上清香さん(@s_k_inoue)がゲスト。最新ジョブハント事情、パートナーとのジョブハント、WashUでの研究プランなど(9/5 収録) Show Notes (番組HP): ジョブハント編 アメリカでPIになる: 井上さんによる就活日記。これを開きつつ聴くのを推奨井上さんNR過去出演回 1 2 3尾藤研Deisseroth lab(D-lab)昌俊さん過去の仕事森憲作先生Nirao Shah lab清香さん過去の仕事WashU, Radiology, Biophotonics Research CenterWashU, PsychiatryRent vs Buy苅郷さん(NR出演回は上述の過去出演回3)加藤さんのNR出演回ChRmine論文R1大学全米大学協会言い忘れてましたが、主にMSTPプログラムがあるところに応募しましたオススメ日本の就活YouTubeビデオ:コレやアレ (注)あくまでも息抜きに見てください。オススメ英語の話し方YouTubeビデオ:この方のチャンネルは、アメリカでのキャリアディベロップメントに役立つスキルが沢山学べます。(清)2nd authorになってるやつHarvardでAffirmative actionが違法にStanfordのDEI関連ポスドクコミュニティNeuroMatch Academy Stanfordで教育の活動、BioBuds:自分の研究について1コマ喋ることができる、シラバスにも載っているプログラムがあります。(清)Bay area近辺の小学校に行っていた活動:SiEStanford, 中学校でやるやつの募集:Stanford Brain DayTalia LernerTaliaのtips内規、例えばコレとかソレとかアレ。WashUのSchool of Arts and SciencesWashUのNeuroscience Community新しく作られるNeuroscience Buildingステロイドホルモンが神経回路にどう影響するか、どう薬に応用するか? Active Researchはこちら”中西部サボテン”の回 (誤った認識に基づいた偏見です、本当にすみません… 脇 ネタとして楽しんでます…清)WashU 日本人Alumni: セントルイス・ワシントン大学の教員廣川先生早石修先生 追悼インタビュー岡崎令治先生岡崎フラグメント 1 2Arthur Kornberg 新ラボ宣伝編 WashU RadiologyでPET scannerが開発された (昌、追記)WashUはPET開発が盛んChRmine, ratでtranscranial stimulationPhotoacoustic imaging, 脳への応用は例えばこれShapiro labマウスの更年期障害モデル井上さんがやっている摘出系宮道先生が最近出された年齢を重ねるにつれてARC kissのActivity dynamicsが変化する、の仕事  Ageに伴いEstrous cycleがAcyclicになっていく(Fig2)。この1つのFigだけでも仕事量がすごい。(清)FDA approved 産後うつ治療薬 Zuranolone (SAGE-217/BIIB125)WashUのInternal Funding これでも一部なのです!(清)Photoacousticのコアの装置装置開発しているラボ@biomedical engineeringWash U のNeuroscience RetreatUnitedの上級クレカ 追記(昌)、Green card holderなら、Priority passとGlobal entryペアがベストではと思います。モンサントシグマアルドリッチセントルイスの水運と発展の歴史WashU 1853年創立Weee!(まささんreferral)セントルイスの治安、エリア別 北側と東側が街全体の犯罪率を釣りあげているセントルイスは住みやすい2010年とやや古い資料ですが、羊土社のWashU在籍日本人ポスドクへのアンケートバドワイザーセントルイスピザ彼を知り己を知れば百戦殆からず:Future PI SlackJob Applications 2022-2023 North America onlyNeuroJobs Editorial Notes: 自分のを改めて聞きましたら、緊張のせいか(?)あまりにも淡々とした生真面目なトーンすぎて、これではPrescreeningインタビューでの通過が怪しい感じが…。次回以降も呼ばれるようにYoutubeを見て話術を鍛えなおします。(昌)NRのお二人は本当に良いコンビで、またまた楽しくお話しさせて頂き、ありがとうございました 。Faculty jobを得るまでには、本当に多くの方々よりアドバイスやサポートを頂きました。心から感謝するとともに、自分も恩送りをしたいと思っています。お気軽にご相談ください。またS Inoueラボは絶賛ラボメンバー募集中です!興味がありましたら、こちらもお気軽にご連絡ください。(清)ワシントンが偉人すぎて地理的感覚が…ちなみにマサチューセッツ州にもワシントンがあります。初期ゲストが伏線回収していく姿を収録できて感激です、ありがとうございました!またよろしくお願いします。 (脇)UWはユーワシュじゃなくてユーダブです、紛らわしい。ちなみにDEIの話とかしてるのにケビン・スペーシーはどうなのよ...という感じですが、American Beauty派です (萩)
#64 Foraging for the Sun
23-09-2023
#64 Foraging for the Sun
UF Scripps Institute で独立する服部亮磨さん(@ryhattori,  gmail)がゲスト。Harvard MCBでのPhD生活、UCSDでのポスドク生活と研究内容の概説、ジョブハントの話、独立後の研究方針、ブリッジンググラント情報など(8/27 収録) Show Notes (番組HP): 服部さんGoogle ScholarUF Scripps Institute Neuroscience Department HPTakao Hensch labTakaki Komiyama labFビザのOPT坂野仁先生インタビュー中島さんNR回Venkatesh MurthyCatherine DulacNadine GogollaArmenise: ハーバード医学校の神経科学のラボが多く入ってる森下さんTania BarkatbioRxivになっているCross Modality その1 その2Uchida先生Daniel PolleyAdam Kepecs牧野さんのNN論文Simon ChenのNN論文2017 Nature Communications, Eun Jung Hwang et al最初に出しているInhibitory Neuronに関するレビュー論文小宮山ラボでのCell 2019論文牧野さんが最後の方にやってた課題Schnitzer研のCrystal Skull服部さんの手術法論文  ガラスを曲げていない分、ガラス窓はSchnitzer研のものより小さいです by 服部サットン本基礎は本で勉強(例1、2、3、4)PatchWarp論文牧野さんのNRインタビュー小宮山ラボでのNeuron 2022論文Harris, Steinmetz, Stringer, Pachitariuらの分散論文1、2Anne Churchlandの分散論文Meta-learning論文:in press の OFC論文のこと2019年のBari et al.Jeremiah CohendPCAを使った論文bonsaiDale則AutismのCareer Transition Award (Simons Foundation)J1 Waiver: J1 VISA2年戻らないといけない義務を免除する手続き (日本人の場合、J-1ステータス中に海外学振等のgovernment由来の助成金を受給した人が対象)San Diego のスクリプス研究所UFによる$100でのフロリダキャンパス買収  UFの病院組織の関連施設という位置づけでの合併なので、UFのメディカルスクール等の傘下に入ったわけではなく、研究所としては変わらず独立して運営されています by 服部スクリプスのPhDプログラムの詳細フロリダ大学のAI研究・教育への取り組み強化に関する記事Stefan Leutgeb佐々木先生MPFIFitzpatrickUCSDのスクリプス海洋研究所パッチ: Patch-foragingと呼ばれる、よりethologicalなexplore/exploitation課題のことCindy PooChris Harvey吉良さんCarlos BrodyDavid Tankヒヨコによる数認識ミツバチ等の虫による数認識サル・カラスによる数認識Unity  人気のゲーム開発エンジンの一つ(使用例)UnityはAIベンチマークによく使われるScrippsのStipend  リンク先には2023年度のStipendレートがのっていますが、2024年度は収録内で言及したレートにする方向で調整中らしいです(まだ確定ではないと思いますが)by 服部Warren AlpertのAwardWarren Alpert, 服部さんのページSimonsのAutism  (補足:リンク先では給料が70kになっていますが、2023年度からは85kです。応募資格や募集領域は、各財団で年度ごとに変更される可能性があります。応募を考えている方は最新の情報を各財団のHPで確認してください。 by 服部)SimonsのSystems Neuroscience, Computation NeuroscienceSimonsのAging, PlasticityBurrough wellcome fund (ヨーロッパの財団かも?って言ってたのは、ばっちりアメリカの財団でした by 服部)Branco Weiss Fellowship (これはブリッジングというよりはPDでも独立後でもどっちもいけるタイプ 萩) Ediitorial Notes: 長い時間インタビューしていただきありがとうございました!大学院時代とポスドク時代を振り返る、良い機会になりました。大学院やポスドクでの留学、アメリカでのジョブハント等を考えている方々の参考になれば幸いです。フロリダでのラボメンバーも大募集中なので、興味のある方はできるだけ早めにメールでコンタクトをとってくれると嬉しいです!ポスドク募集の詳細はこことかここを参照してください。フロリダは日本の沖縄みたいな気候・環境でディズニー等も近いので、私生活も結構楽しめると思います。僕は生き物が好きなので、面接中に研究所内のヤシの木にグリーンイグアナがへばり付いているのを見て感動しました。(服部)チャールズリバーにかかる橋を自転車で渡るのは爽快で気に入ってます(ただし夏に限る)。冬はケンブリッジキャンパスとメディカルキャンパスを繋ぐシャトルバスが出ていて便利、大学のIDが無いと使えませんが (宮脇)そのまま東大に残って生物・神経系に進んでいたら服部さんと同期だったようです。僕も理1ドイ語クラスで毎日ビブってましたが、(根が真面目な訳ではなく)7:3くらいで再受験用の受験勉強していたので人生の暗黒期でした。(萩原)
#63 Beyond predictions - Part 2
09-09-2023
#63 Beyond predictions - Part 2
古館昌平さん(@ShoheiFurutachi, e-mail) ゲスト回、サイエンスメインの後編。感覚予測誤差タスク時のV1 L2/3活動とVIP+LP (Pulvinar) 入力の協調的な影響を調べた最新プレプリントについてのディスカッション、今後の展望など(9/2 収録) Show Notes (番組HP): 予測誤差タスク時のV1神経回路活動に関する最新プレプリント SWCのブログ記事予測符号化に関するKellerとMrsic-FlogelのレビューKellerのnn 2016Tian et al.Tirin MooreRobert WurtzLatencyによるAttentionがかかる議論の具体例1 (by Wurtz) と例2 (by Desimone)Floris de LangeはPrediction-ErrorはHigherだって言っているAlex AttingerLisa GiocomoUchida labKim et al., Cell 2020Sensory Prediction Errorの際のReceptive field を見る(ArisじゃなくてPowelでした)Oddball 課題Marinaのタスクでもオフレスポンスを見ていた (Cortical top-downはL1aとb両方でした by 古) Randy Bruno の仕事あとBurkhalterのL1 inputsのsegregation論文もありますね。(古)Alison Barthの仕事Carl Petersenの仕事Rabiesの仕事SST44, Chris HarveyのヤツNuno Macarico da CostaAllenのEM, VIPは一部のSOMにしかいってないScanzianiのスライスのデータ(Inhibition of inhibition, nn)Marina Garrettの論文がNatureに送られたCrick InstituteOxfordのDPAG (Department of Physiology, Anatomy & Genetics)Bob DattaロブションのマッシュポテトのレシピDistributed decision makingNeuroscience Needs Network Science(Pan-)Expansion Microscopyを上手く使えば?R. Clay ReidIlana Witten藤島さんの回齋藤さんめっちゃ活躍してる五十嵐さんのNR回 1 2&3 4 Editorial notes: NRをお聴きの方々にとって有益な情報を盛り込めた気は全くしませんが、収録はとにかく楽しかったです。こいつなんか楽しそうにやってんなーぐらいに思っていただければ本望です。(古)予測誤差シグナル研究中に予想とは異なるデータが観測されるの、目の前の研究が自分の脳の理解に直接つながる感じがして楽しそうです (脇)しょーへー氏的にはダークナイトなんだろうけど僕はメメントとインセプション派。まあトランセンデンス以外は全部好き。まだオッペンハイマー観れてない...のでImaxがすくのを待ってます (萩)
#62 Beyond predictions - Part 1
09-09-2023
#62 Beyond predictions - Part 1
Sainsbury Wellcome Centreの古館昌平さん(@ShoheiFurutachi, e-mail) ゲスト回、雑談メインの前編。留学時に分野を大きく変えた動機とそれに伴う苦労、PI(TomとSonja)のスタイル、SWCの雰囲気やロンドン生活について伺いました(9/2 収録) Show Notes (番組HP): 古館さんPrediction-Errorに関する最新プレプリントTomラボSonjaラボバイオステーションポッドキャスト 続編 (先にこちらから聴くことを推奨)Jan Gründemann長谷川さん ThalamusやってるRippleとかDavid Foster的なTim Behrens的なLoren Frank的なSam GershmanMatthew BotvinickKim Stachenfeld の仕事Nelson SprustonMesoscope (2P-RAM)でとった仕事動画NeuroPixels 2.0 の 4-shankGrosmark + Losonczy 対側でLFP記録VRだとPlace Cellが疎になるIvan Voitovの論文Hippocampus Book坂野仁先生インタビュー 「天が己をして何をなさしめんとしているか」にはシビれます (古)AxelがやってるOlfactionのNovelty CodingGeorg KellerのPrediction Error (Fiser et al., 2016)MorganeがやってたPulvinar後藤先生喜田先生北沢さん NR回 1 2 3齋藤さんNR回1 2米原さん NR回 1 2YunyunのNature論文AstorocyteのトレーシングやってたAdilHo Ko のConnectivity 論文 その1 その2金森さんLiqun Luo宮道さん NR回中野さんPetr Znamenskiyの論文 (Ivana et al.)Ann DuanCarlos BrodyTiago BrancoYoh IsogaiBernardo SabatinieLifeのGtACR論文eOPN3PdCOeNpHR3.0JAWSEd Callawayサグラダファミリア登さんの回 1 2Lake ConferenceAscona Circuits MeetingAdam Packer五十嵐さんの回でもあったMarcus Stephenson-JonesTom Misch Editorial Notes: ライミングを含め色々猛省します! (古)合同セミナーでの「発表前に靭帯切れてG先生ブチ切れ」というイントロを謎に覚えています(脇)一度は住んでみたい土地: ロンドン・京都 (萩)
#61 August Green
02-09-2023
#61 August Green
一時帰国とオフ会、オフィスのデスク削減方法、総合誌に載るマニアックな論文談義。論文紹介は、磁場によるタンパク質の蛍光強度調節、マウスの眼優位性カラム?、新タイプの近赤外Caセンサー、等 (8/27 収録) Show Notes (番組HP): オフ会:#NeuroRadioオフ会検査のspecificityと言ってしまってますが、陽性的中率が正しいHoteling deskHHKB 白/無刻印Grubhub: ウーバーイーツみたいなものマイナスのチップAwatramaniとDombeckのドパミンサブタイプ論文 in NNのプレプリント版を読んだNR回Sabatini (弟) のNNicolas TritschのN 論文紹介パート その1:Magnetic control of GFP-like fluorescent proteinsCalicoMaria IngaramoAndrew Yorkリボフラビン、FAD、FMNFlavinTag鳥の磁場感知 by ErCRY4磁場感知のラジカル仮説Magnetogenetics使えるとか使えないとかAdam Cohenの磁場感受性小分子Snoutyその2:Ocular dominance columns in mouse visual cortexMax Planck Institute for Biological Intelligence, Martinsried, GermanyHübenerBonhoefferAmiram Grinvald猫カラムIntrinsic ImagingBonhoefferのPinwheel論文二光子イメージングでPinwheel 大木先生2006NMrsic-Flogelの2007 Neuron2005年の大木先生の仕事2005年Callosal projection neuron @ Binocular Region に Ocular dominance column?2015年を言い間違えました 萩OlavarriaCategory representationがPFCにある Nature, NNGeorg KellerTobias RoseTwitterアカウントのFree Moving二光子動画Tara KeckマウスだとLGNで右と左が結構まじっている し、V1でLGNのAxonをimagingするとOD plasticityが見えるマウスのレチナの錐体細胞には色選択性があり、局在も違う400 nmの刺激でバイアスを消せる萩原の2021年のODを調べた仕事Callawayがやりだしたシリンドリカルな補正 (MovieS1がわかりやすい)Horton新世界ザルのOcular Dominanceは個体によってまちまちその3:A modular chemigenetic calcium indicator enables in vivo functional imaging with near infrared lightEric SchreiterラボトリプトファンでJF dyeをクエンチするハロタグ変異体光誘起電子移動による蛍光プローブの設計(PDF)jGCaMP8論文iGECI論文iGlucoSnFr論文GPCRベースのアセチルコリンセンサーがそのままFLIMイメージングに使えるIR-FPが光るためにはBiliverdinがいるVoltageセンサー、VoltronとかCaMPARI Editorial Notes: PETによるイメージング、学部で習ってたっぽいですね。N先生すみません! (脇)日本の夏は白桃が最高でした。体重はもう戻りました。(萩)
#60 Minds Meet Weeds - Part 2
18-07-2023
#60 Minds Meet Weeds - Part 2
登達也さん(@nobolly, @tnobo_ktcs)ゲスト回、後編。Cell-type談義、あったら嬉しいツール談義、Assistant Features エディター経験、ジョブハント、新しく開くラボについて。(6/22収録) Show Notes (番組HP): 青葉市子 その1 その2 その3 その4ユザーンとのコラボコーネリアスと坂本慎太郎とのコラボユザーンと環ROYと鎮座ドープネスのコラボSTUTS w/ 松たか子 PUMPEECell Typeについて議論したNR中島さん回ドーナツが浮いてるマップSingle Action PotentialをdetectするマウスMedullaのdissection by Jean Legallois その1 その2pre-Bötzingerの同定Cell TypeとCell Stateの違い in 植物 例えば細胞周期葉っぱの表と裏でEpidermisのマーカー遺伝子が違う隣の所長(Hong-kui Zeng)が書いたレビューU WashのJay Shendureが書いたCell Type分類やめようのパースペクティブJay ShendureがChurch研で出した仕事 その1 その2 その3 その4Combinatorial indexingのscRNA seq(プレートベース、sci-RNA-seq)その1 その2 その3リネージトレーシング(ゲシュタルト)Alex Schier (今はBasel Biozentrum所長) のゲシュタルト応用 (ZebraでDevelopmentalな情報も載せたトランスクリプトーム) その1 その2マウスは無理では、と口走ってますが、それこそJay Shendureがそのうちやってしまいそう...転写因子が細胞間を移動して根の分化を促す その1 その2In vivo RNA seq: Live-seqについて紹介したリサチャ回CRISPRを使ってスクラッチパッドに書き込む:DNA typewriterそういうことをやりたいと言っていたPIのNR回 その1 その2 その3fMRIの再現性問題GCaMP in 食虫植物, in オジギソウ, in シロイヌナズナオプトジェネティクス的なことを植物で、のレビュー、ChR2の適用ナノマテリアルで植物にCRISPR関連マテリアルをデリバリー その1 その2 その3 登さん as an Assistance Features Editor (AFE)現在募集中!他の雑誌の似たポジション その1 その2Plant Cellのeditorial boardアメリカ植物生理学会 ASPB登さんが書いたIn Brief 1 2 3 4 5 6The Sainsbury LaboratoryTSL group leaders (過去のグループ)Norwich (ノーリッジ)DANDRITEERC AdvancedK99New HampshireのGRC齋藤さん NR回 その1 その2 最近出したN論文Researchat.fmの野崎さん話したTSLシニア研究者TSLのコアファシリティ移転します(場所はほぼ変わらない)隣にある大学, University of East Angliaケンブリッジの方:Sainsbury Laboratory Cambridge UniversitySainsbury Wellcome CentreGatsby FoundationのFocus Areas一緒にドライブしたヒト給料上げろというUCSDの運動がうまく行ったUWもやってるPrecision Breeding, 最近の動向, TSLの記事 Editorial Notes: 分野の垣根を越えて色々お話できて楽しかったです。ラボ立ち上げメンバーを募集してるので少しでも興味のある方はぜひご連絡ください!韻は踏めなくても大丈夫です。(登)鎮座ドープネスから草は繋げられましたね…アラビドプシスじゃなくてカ◯ビス(脇)次回以降の宮脇ラップに乞うご期待だYo (萩)
#59 Minds Meet Weeds - Part 1
11-07-2023
#59 Minds Meet Weeds - Part 1
Salk Institute のEckerラボ で宿主-微生物相互作用研究とゲノミクス技術開発を行っており、来年夏からイギリスのThe Sainsbury Laboratoryで独立予定の登達也さん(@nobolly, @tnobo_ktcs)がゲスト。植物を研究対象としたきっかけ、マックスプランクでのPhD3部作、ポスドクでの3部作の解説、近年のSpatial Transcriptomics技術開発トレンドに関するディスカッション。後半に続く (6/22収録) Show Notes (番組HP): 登さんHPNRのトランスクリプトーム回 EP4 EP5Eckerラボオンライントーク その1 その2 その3 (おすすめby登)津田ラボ(現華中農業大学大学)津田先生放射線植物生理学研究室セシウム蓄積に関する研究 その1 その2 その3フランス政府の給費留学留学したフランス原子力庁のラボMax-Planck Institute for Plant Breeding ResearchKöln (Cologne)ケルシュPhD時代の植物-微生物相互作用三部作その1:植物免疫による微生物への影響、RNA版登さんによる植物の免疫系に関するレビュー その1 その2IlluminaのRibo-Zero (ディスコン:植物用のものが製造終了)根腐病PhD三部作その2:Multi-omics版PhD三部作その3:異なる微生物への植物の応答と、微生物への影響の違い野性のシロイヌナズナから単離した微生物のコレクション植物と動物のマイクロバイオーム鉄(栄養)を使った免疫葉っぱは疎細胞壁III型分泌装置植物の共生EMBOの新米PI用ワークショップEckerラボからマウス脳でsingle nucleusメチローム、Science 2017ポスドク応募時に書いたメールについて脳メチローム その1 その2その3 その4 その5 他多数UPennでやったエチレン研究 その1 その2 その3 他多数シロイヌナズナ全ゲノム解読論文植物へのMicroarrayシロイヌナズナのT-DNA変異体ライブラリ、Salk LineEckerキャリアインタビュー(2007年時点)ゲノムワイドなメチル化アッセイ in 植物In HumanENCODEでのJoeのトークEcker in HHMIEcker in BICCNEcker in BICANプロトプラストFull ProfessorのStudySalk InstituteでのSymphonyポスドク三部作その1:Seed-to-seed single nucleus atlasポスドク三部作その2:感染時の植物のMulti-omics + MERFISHポスドク三部作その3:PHYTOMapBing RenラボのBICCN論文転写物分布だけで細胞のセグメンテーション、先行研究植物の細胞セグメンテーションvizgenMERSCOPESeqFISHLong CaiBacteriaをターゲットにしたSeqFISHSTARMapXiao WangSten LinnarssonではなくMats Nilssonでした!HybISSSequence-by-ligation、例えばこれSequence-by-synthesisアムホテリシンBExpansion Microscopy + Spatial Transcriptomicsの仕事FISSEQHarvard FellowNanoString10x GenomicsEASI-FISHPaul TillbergEEL-FISH各神経の投射をバーコードで標識してSpatial TranscriptomicsSlide-seqEvan MacoskoFei ChenSlide-TagsINSTA-seqJe Lee (現Ultivue)DBiT-seqCUT&Tag開発したRong Fan最近の無双 Spatial ATAC-seq, Spatial CUT & Tag, Spatial CITE-seqPixel-seqStereo-seq最近NanoStringを10xが訴えた登さん新ラボのアナウンスメント from TSLJanelia FluorQuantum Dot Editorial Notes: これまでの短いキャリアを振り返って、月並みですが人・環境に恵まれていたなと感じさせられました。宮脇さん萩原さんともそのうちリアルでお会いしたいです。ケルシュ飲みいきましょう!(登)次会えそうな時は感染症に気をつけます! (脇)そういえばNanoString本社の隣に住んでます (萩)
#58 Not necessarily necessary
30-06-2023
#58 Not necessarily necessary
ラボマネ・プロマネ事情、クラウドでのデータ管理・解析、マウス/キーボード談義。論文紹介は、AAV搭載可能な最小プロモーター、AAVのBBB通過に関与する受容体の同定、高所恐怖症の回路、嗅内皮質活動の回転対称性の変化、必要十分の不必要性、について (6/25収録) Show Notes (番組HP): JimさんBICCNのNatureの1stAWSのS3Code OceanDataJointAndreas ToliasDeepLabCutのMathisのとこData Joint使ってるラボ一覧Logitech MX Master 3SLogitechのVerticalMacのMagic MouseTrackPad40%のErgoのキーボード、Cornelius (一体型)Rebuild.fmの人も40% (Atreus) について話した回セパレートのやつ(Corne)今使ってる75% Keychron K2 Pro60%配列、たとえばPolarisAppleの指紋認証キーボード (Magic Keyboard with Touch ID)青軸、茶軸、赤軸8月頭の日本の神経科学会 論文紹介パート 論文1:Strong ubiquitous micro-promoters for recombinant adeno-associated viral vectorsITRにもプロモーター活性があるdegradationのターゲットになったりするCaMK2aプロモーターの長さによる違い論文2:Primate-conserved carbonic anhydrase IV and murine-restricted LY6C1 enable blood-brain barrier crossing by engineered viral vectorsLY6C1について指向進化したプレプリント from DevermanラボAAV-FAAV9Pシリーズ肝臓のdetargetingをEngineeringでやった仕事 (CAPシリーズ)M-CREATEAlphaFold-MultimerAPPRAISE-AAVのプレプリント論文3:A non-image-forming visual circuit mediates the innate fear of heightsSudhofPeng Cao (曹鵬)Looming刺激に対するSC関与の仕事@ScienceTiago Blancoの仕事 1 2Bo Liラボのマウス絵vlPAGがFlight-Freezingに効くipRGC (Intrinsically Photosensitive Retinal Ganglion Cell) はサーカディアン系に投射を送る、Pupil Sizeのコントロールも、その一部はGAD2+でGABAergic.Ventral LGNはipRGCから入力を受け取っている論文4:Altered grid-like coding in early blind peopledevelopmentalに視覚障害をした場合でも情報量は落ちるが残る場所細胞、HD cellfMRIでグリッドらしき活動が取れる from Niel Burgessラボ4-fold symmetryが見えた先行研究その1、仕切られた空間の移動その2、アバターのトレースヒトにおけるGridモジュールの距離:Nature Neuroで電極刺した仕事暗くした場合はGridの表象は落ちるがモジュール内の活動相関は残る論文5:‘Necessary and sufficient’ in biology is not necessarily necessary – confusions and erroneous conclusions resulting from misapplied logic in the field of biology, especially neuroscienceDayu LinラボからのAntagonistic circuits mediating infanticide and maternal care in female mice Editorial Notes: Dayu Linラボ関係者におかれましてはすんません。内容は全然いいんじゃないでしょうか。読んでないけど。 (萩)自作ワークステーションに愛着が湧いてクラウドに移行できない (脇)
#57 Voltage imaging: a “holy grail” of neuroscience
24-05-2023
#57 Voltage imaging: a “holy grail” of neuroscience
Pieribone + Chen の in vivo 膜電位イメージング論文を題材に、遺伝学的膜電位センサー(GEVI)、広視野+高速2光子顕微鏡、U-Netベースのノイズ除去手法について掘り下げました (4/30収録) Show Notes (完全版): Allen Institute for Neural Dynamics の SACクラカウア―のアンチreductionistペーパー題材とした論文:High-speed low-light in vivo two-photon voltage imaging of large neuronal populationsVincent PieriboneJerry Chenラボ GEVIパート 黎明期のプローブ FlaSh (Siegel and Isacoff 1997) SPARC (Ataka and Pieribone 2002) VSFP1 from Knopfelラボ (Sakai et al.)   ただし、黎明期プローブは膜上に移行しづらく使いにくいという問題があり、使いづらかった。 GEVI開発で気を付ける点は以下(St-Pierreによるレビュー⁠を参照) 細胞質ではなく膜上にセンサー分子がある局在する必要があるため、センサーのTraffickingが良く無ければいけない膜状にしか存在できないため、利用可能なセンサー分子の数が少ない。暗いし、SN比の要求が高い上の問題に付随して、照射強度を強くする必要があるため、褪色が速い脱分極に対して蛍光が増えるか減るか二光子励起ができるか 2005年に岡村先生が報告したホヤ(Ci)由来の電位依存ホスファターゼ(VSP)の電位感受ドメイン(VSD)は膜移行性が良く、これを用いたプローブが2007年から出てきた。また、2011年にはロドプシンが電位依存的に蛍光を変化させるタンパク質として使えることが報告された。現在では、この2つの電位センシングモチーフが主に使われている。 1. Voltage sensitive phosphataseのVSDを使った系列 1-1: VSDの末端に2つの蛍光タンパク質をつけてFRETするタイプ VSFP2 MermaidVSFP-Butterfly 1.2 Mermaid2と2β ただしkinetics遅め 1-2: VSDのC末に蛍光タンパク質を入れるタイプ(特にpHluorine改変体) ArcLight ArcLightメカニズム論文 Marina 正の方向への変化 VSDのC末に入れるタイプは、FRETもArcLightもキネティクスが遅い。しかしArcLightについては未だにGEVIの中で一番大きい蛍光強度変化を示す。 1-3: VSDの細胞外ループにcpGFPを挿入するタイプ ASAP1  from Michael Linラボ, NN 2014。Francois St-Pierreが筆頭。VSDベースでキネティクスが良いモノを作るのが目標。VSDは4回膜貫通型タンパク質であるが、そのHelix3-4間のextracellular loop のうち、A147-T148の間) に円循環変異を施したsfGFP-OPTを入れる。ASAP2s ASAP2f ASAP3 ASAP4 正の方向への変化JEDI-2P 二光子でスクリーニングSpikeyGi1&2 今回の論文 予備知識: GFPが光るしくみ:Ser65–Tyr66–Gly67が自己触媒反応(特にArg96とGlu222に依る)を経て蛍光団HBIを形成し、チロシン由来フェノール基が脱プロトン化されると励起可能になる。脱プロトン化に主に関わる残基はHis148, Thr203, Ser205(GFPの構造論文)。 ちなみにGCaMP2では、GFPで言う203番目のthreonine側鎖の方向が本来あるべき位置に近づくこと、His148の代わりにCaMのArg377が水分子を介してHBIと水素結合を形成すること、が発色団の脱プロトン化に重要らしい(GCaMPの構造論文)cpGFP:GFPの円循環変異では、N末・C末をリンカーで繋ぎ、144番目の残基と145番目の残基新しくC末・N末としているものが主流。つまり、GFPのHis148はcpGFPではHis4となる。 2. ロドプシン系列 予備知識: ロドプシンのPhotocycle(神取先生レビュー):ground state→L→M1→M2→N→O⁠電位依存的に光る仕組み⁠:Nの時に540 nmの光を受けるとQというstateに代わって、Qの時に570 nmの光を受けると強い蛍光を発する。DTDモチーフ:シッフ塩基からプロトンを受け取る細胞外側のD(ArchだとD95、Ace2だとD81)や、脱プロトン化されたシッフ塩基に細胞内側からプロトンを渡すD(ArchだとD106、Ace2だとD92)を含むモチーフ。 2-1: ロドプシンそのものの蛍光を見る PROPS from Adam Cohen ラボArch QuasAr1,2 QuasAr3, paQuasAr3 Archon from BoydenラボQuasAr6a,b ただしロドプシン系は二光子では使えない。 2-2: ロドプシンのC末端に蛍光タンパク質/色素を融合し、ロドプシンとFRET ロドプシンのC末端に蛍光たんぱく質をつけて励起。電位依存的な構造変化が起こって、蛍光たんぱく質がロドプシンに近づいた時にFRETが起こり、暗くなる。つまりロドプシンが電位センサーかつFRETアクセプターとして働く。ロドプシンより励起に必要なレーザー強度が少なくて済み(1/50~1/100程度)、ロドプシン単体のものほどではないがキネティクスが速い(ASAP系よりも速い)。 Ace2N-mNeon from Schnitzer labVERNAM 赤Ace-mNeon2, VERNAM2 pAceとpAceR 上と同じ論文中で。正の方向への変化Voltron JaneliaのEric Schreiter lab Janelia Fluorの利用Positron 正の方向への変化 おまけ: 第三の原理:hVOS Yuste達がside-by-sideで比較した論文StayGold 顕微鏡パート Jerry ChenのCRACK。とそれを読んだNR回。Elly Nedivi, Peter Soとの共著の仕事。抑制性シナプスのクラスタリングを見たもの。 広域顕微鏡開発で使われたTemporal Multiplexing単純な仕組みとはいえ、Kaspar談)。2x Jerry Chen, Fabian Voigt, Helmchenの広域顕微鏡Spencer SmithのTrepan2p 4x Chen, Spencerの広域顕微鏡SpencerのDiesel2p Spatial MultiplexingはそれこそPeter Soが先駆けGFPの蛍光が2~3nsなので8nsのtemporal delayではcross-talkないのでは...と言っていますが、これは光子数が1/eになる時間なので、e^3~=20から、ざっくり全蛍光の5~10%くらいは漏れ込んでもおかしくないことになります。 Denoisingパート Self-supervisingの説明を簡略化のためにDeepCADを例に用いて行いましたが、DeepVIDではspatialなinterpolationも行われています。ターゲットにするフレームの10%(この値はハイパーパラメタサーチの結果empiricalに決めている)をblindにしておいて、L2の計算をこのblind pixelsのみに対して行うことで、spatialな情報も利用するようになると考えられます。Shot-noiseはtempora/spatialともに独立なノイズになりますが、signalはspatialにもlocal correlationが高いことが多いので、ノイズだけが主に消えることになると考えられます。元になったアーキテクチャ・フレームワークRonnebergerらによるU-Netと3D-U-NetU-Netを元にしたノイズ処理の元ネタ: Noise2Void Editorial Notes: タンパク質構造予測でドッキングシミュレーションとかまでできるようになってきたみたいですが、構造のデータに基づいて、rationalに、センサーのリンカーはどのくらいの長さでどの配列が良いのか、とか、どこにどういう変異を入れるとどういう性能が上がるか…みたいなのは予測できたりするんでしょうか。Lin Tianのは配列データだけで構造の情報はあんまり使えて無さそうだし。それはさておきQuasAr4,5をご存知の方はこっそり教えてください笑(脇)VoltronシリーズのEricがオプシンベースのやつも2p励起で動くとか最近のオプティカで言ってたらしい。タイトルはBando, Yusteのreview、"...in a way a “holy grail” of neuroscience, could be carried out by imaging membrane potential."より。 (萩)
#56 Formerly a battle-field postdoc
13-05-2023
#56 Formerly a battle-field postdoc
理研BDR宮道ラボの田坂元一さん aka 戦場ポスドクさんがゲスト。Adiラボ@ヘブライ大学での仕事の背景、イスラエルでの生活、最新プレプリントのディスカッション (5/8 収録) Show Notes: 田坂元一さん最近の子育て学習におけるSMT→OFC→VTA回路の働きを報告したプレプリント宮道ラボ戦場ポスドク – エルサレム通信 掲載号根岸ラボ紹介Adi MizrahiラボコペンハーゲンのFENS 2016遭遇したテロ Small GTPaseの軸索伸張に対する影響を調べた大学院でのお仕事Carl Petersen labKomiyamaさんのNature PaperGeorg Keller, Mismatch Neuronの発見Awakeのin vivo targeted patch clamp recording from PetersenラボJohannes  LetzkusのDisinhibition論文Patrick Kanold lab (現JHU) 2010 Nat Neuroのb2b, Patrick Kanold と Adi MizrahiAndrew KingKerry Walker2011のAdiの所からNeuronに出たPupの匂いを嗅いだらAuditoryのTuningが変わる、の論文(Lior Cohen et al.)Rob FroemkeラボSTDPの仕事Bianca Jones (Marline) ラボのFroemkeラボでの仕事DukeのLarry Katz Obituaryその1 その2Israel (Eli) Nelken ラボMickey LondonラボMichael HausserラボAmi Citri ラボRobert MalenkaInbal Golshen ラボLiqun Luoラボ2013年に出たAdiの仕事 in Liqunラボ初期のTRAP論文Howard HughesのCollaborative GrantKarl DeisserothラボEd Callawayラボ2018年のAdiラボでの一発目の仕事TBのマウス: Cre依存的にCAGプロモータの制御下で発現するtTA(T)とhistone-BFP-myc (B)をH11という遺伝子座に入れたマウスセカンドのCasey (Guenthner, TRAP論文の1st)2015年のBotond RoskaMayfordのfos-tTATRE3G元論文AdiはコカローチでキャリアをスタートRichard Mooney ラボYoav Livneh @WeizmannAndermann labLindsay Schwartz@St JudeLaura DeNardo@UCLA2020年NeuronのTemporal Association(TeA)論文2006年とか2007年とか EmoryのRobert LiuとかがPlasticityって言ってたA1がPlasticって言われていた2011年のNeuronは上記のLior Cohen et al.FroemkeにもらったBehaviorデザインの論文はJenniferのものです (by 田坂さん) USVに対してPreferenceを示す論文(菊水さんがコレスポの2007年の論文)A1だとLeftの方がresponsive?の論文Oxytocin Receptorの染まりが違う@JNイヌとかでも左右差あるリトラクトではなく左右が逆だった銃弾の痕が残る門ヘブライ大学キャンパスイスラエルの地理イスラエル-パレスチナ問題の歴史とかバンクシーの世界一眺めの悪い部屋迎撃システム(アイアンドーム)Tel Aviv大学Weizmann Institute川島さんラボ乗合タクシー(シェル―ト)水関先生NeuroRadio宮道先生回インスコ(ピクス社のnVista)Patrick KanoldのOFC論文OFCはReversal Learningに必要Pup retrievalはホルモンと関連付けられている(上記Bianca Jonesの仕事)Virgin Femaleでも学習することができる from Froemkeラボ(Nature 2021) Rbp4 Creという良いドライバーラインVijay Namboodiri et al., NN 2019 (Stuberラボ) のmedial OFCのConditioning時の活動変化Allenのペーパー、Rbp4-creの投射パターン(IT/PT)を見た論文:Tasic et al., Nature 2018 (Extended Fig. 8)宮脇が想定していた論文(このデータからすると宮脇さんのIT寄りという指摘は正しい気がします。ただしL5そのものがITを多く含んでいそうなので、Rbp4-CreでラベルされるPopulation内のPT・ITの割合はL5をそのまま反映しているのかもしれません。補足させてもらうと、我々はOFCのOutputに着地したかったのでSubcorticalにProjectionしているNeuron群から記録したいという思惑が最初にありました。このTasic et al., Nature, 2018のFig3cでALMのL5 PT cellがSubcorticalに投射している一方で(mPFCではありませんでした、すいません)、L2/3、L6からは投射がなかったので、L5のPTを含むPopulation markerとして手に入りやすかったRbp4-Creを使いました。by 田坂さん)Mini 2pStephen SeaのNeuronのやつ MD: Mediodorsal Thalamusイアン・シュミットさんの仕事中島さんの仕事稲垣さんのペーパーSMTはpainのリレーの箇所SMTを潰すと逆転学習がしづらい その1 その2フランスのWolffJohannes Kohlラボ的なStage Specificトレーシング宮道ラボでのstage specificなトレーシングAcute vs Chronic の代償機構、例えばGoshen et al.2019年のKeystone@Allen Institute Editorial Notes: 久々にお話できて楽しかったです!飛行機が着陸する際に皆で拍手をする謎の風習など、意味不明なイスラエルの風習や事件簿をもっと紹介したかったのですが、あっと言う間に収録が終わってしまいました(笑)。次回また呼んでもらえるよう頑張ります!(田坂)イスラエル、食事が美味しいというのは本当で、連れていってもらったYehuda市場の雑然とした飯屋と、テルアビブのMiznon(いまや国外進出してるらしい)のカリフラワーとピタを食べに再訪したい。(萩原)エピソードが面白すぎて収録中笑い堪えるのに苦労しました笑 イスラエル絶対に一度は行ってみたいですが、やはり単身で乗り込むのは勇気がいる印象。。。学会で行ける機会を伺います(宮脇)
#55 And Your Mouse Can Sing
15-04-2023
#55 And Your Mouse Can Sing
NYUでResearch Associate, 秋から米国PhDコースの藤島悠貴さん(@yfujishima_) がゲスト。RA応募時のこと、現在行っているSinging Mouseの研究、PhDアプリケーション全敗から2年間のRAを経てオファー大量獲得へと至った経緯、思考プロセス、得たノウハウ等を伺いました (4/5収録) Show Notes: 藤島さんHPPhDアプリケーションについてのブログ記事 by 藤島さんRAアプリケーションのブログ記事 by 藤島さんMichael LongラボDarcy KellyラボNYUのRAプログラムMax Planck FloridaのRAプログラムKevin SpencerJoseph LeDouxの本, 例えばThe Emotioal BrainGREいらなくね?の記事Alston’s Singing Mouse (Scotinomys teguina) の解説Michale Fee ラボ2019年に出た始めてのSinging Mouse論文 (pdf)UT AustinのSteven Phelps鳥の歌学習過程における神経シークエンス変化を追った論文Deer mice の歌についての論文ダウンスイープで歌う…の動画表紙になってた去年の一月に出た、人間の会話メカニズムについての論文MikeはZebra FinchのMotor Productionに興味がある: Publication listはこちらOMC V5 における歌表象プレプリント  (収録の時言葉足らずになってしまいましたが、songの一つ一つのnoteに併せてmodulateされてるunitはほとんどなく(一部あるのはsensory feedbackぽい)、songの長さで調整してみてやるとtrialごとに揃っていることから(それぞれのunitのfiring patternは多様(Fig.4))、noteではなくてsong全体を操っているのではないかということで、そういうmodelingをすると、2019年論文でやったcoolingでの結果も併せてpredictできたよということでした。coolingで脳活動を遅くしてあげると、曲の長さが伸びますが、そのときnoteの長さが伸びるのではなくて、曲の伸びた分より多くのnoteで埋められます by 藤島さん)Arkarup Banerjee lab at CSHLDmitriy Aronov の 論文Dmitriy Aronov labBuzsaki labDmitriyのCaching論文, 例えばこれAndreas Bendensky labHopi Hoekstra labBetta Fish の仕事、例えばコレNew York, New YorkSoP (Statement of Purpose): アプリケーションの時に使うエッセイのことBence Ölveczky labRichard AxelVikram Gadagkar labJesse Goldberg labCharles Zuker labZuckerman InstituteCenter for Theoretical NeuroscienceLarry AbbottKen MillerJonathan Pillow labAlex Willams labEve Marder labSurya Ganguli labScott Lindaman labMargot ElmalehMargotによるRAシリコンプローブ記録の仕事Liam PaninskiKatherine Nagel labEero Simoncelli labAnnegret Falkner labDayu Lin labIllana Witten labMala Murphy labUCLの研究に特化したMaster Course (MRes)Marc HowardCOSYNE2023WES (World Education Services) によるGPA変換Havard のGPA推移Dukeによる受かったヒトGPA平均の公開マーク小西 ObituaryFernando Nottebohm labAllison DoupeMichael BrainardYusteラボでのDmitriyとJesseのコラボ論文Neural Mechanism of Acoustic Communication の Gordon ConferenceYuki Haba さんPrinceton学生によるアプリケーション添削NYU学生によるアプリケーション添削XPLANEUJA(海外日本人研究者ネットワーク)の早野さんUJA海外留学支援制度データベース福留さんXPLANEさんのPhD奨学金リストRichard (Dick) Tsien labHarvardのResearch Associateプログラム、PiNBACEric Kandel, MDRichard Axel のエピソード(ノーベル賞のbiographical) “I was allowed to graduate medical school early with an M.D. if I promised never to practice medicine on live patients”安部公房、人間の妊娠期間エピソードの真相(象…?)砂の女Torsten Wiesel, MDThomasさん@BuzsakiラボメンバーAfrican Nile Ratsの生態などTingleyさんによるGlucose Level とHippocampal SPW-Rs論文Flatiron InstituteBob Datta のツール、例えばコレNY家探しブログ記事 Editorial Notes: 憧れのお二人とお話できるとのことで舞い上がってペラペラと話してしまいました。この数ヶ月間すごい研究者たちと沢山会って自分もすごくなった気がして調子乗ってましたが、夏からはペーペーの1年生ですので、気を改めてエンジョイしつつがんばりたいと思います。NYCに遊びに来られる際はお声がけください。(僕が最初に読んだLeDoux先生の本はAnxiousでした。パニック発作持ちだったので。)(藤島)そういえば、九大医3年生の時に当時神経解剖学教室・小坂研にいた福田孝一先生(現・熊大医)からLeDouxのSynpticSelfを借りパクしたのがAmygdala-fear systemとの出会いでした。去年(10年以上経ってから)お詫びのメールを送ったら「そのまま持ってていいよ」とのことだったので、この場を借りて感謝です。「まずはカンデル本通読して・ニューロルシダで形態トレース、話はそれから」とか言われたのでその後解剖に寄り付かなくなって生理に行ったわけですが...。(萩原)これ学部時代に聴いてたら米国RAに飛び出していたかもな~と思いました(脇)