赤い蝋燭と人魚-小川未明-

books radio "yometa"-読書の話-

09-02-2021 • 8 min

日本児童文学の父と呼ばれた小川未明。 彼による小川未明童話集の中からご紹介です。 光と影、、、光が射せば必ず影ができます。 人生だってきっとそう、今が影になっていて 暗くてもすぐ近くには光が射している。 暗いから光が見えることも。 児童文学ですが、コロナ時代の今こそ オトナ達にも読んでほしい1冊です。 そして、今年最初の配信ということで、 ブックアテンダントkanaの一大決心?!も エンディングで発表しています。 ぜひ、最後までお聴き下さると嬉しいです。

Você pode gostar